menu
イメージアップ ビジネスマナー研修・セミナー コンサルティング

カーペディエムニュース

カーペディエム代表 西松眞子のセミナーや講演、メディア出演、雑誌掲載、著書出版等についての最新情報と、ビジネスにもプライベートにも役立つマナー等についてお知らせするページです。

残暑お見舞い申し上げます。

酷暑が続いています。研修をするクライアント先のひとも、何だかお疲れが表情に出ているような気が・・・。

FDP057フード057

という私とて例外ではありません。そこでつい先日、暑気払いをしよう!ということで、友人たちと大いに食べ、呑み、どうでもいい話で盛り上がりました。

その席で、溌剌としてスリムで美しい人は野菜やご飯ものより「お肉」好きだという発見がありました。肉食獣って、ツヤがありパワフルで美しい。チーターと比べ、ぞうはもっさり感あるもんなぁ、と勝手に納得。肌のツヤだけでなく、ここぞというときの、強さもあやかりたいと、この夏はお肉!を少しでも食べることにしました。

普段から、ほとんどお肉を食べない草食系だからか、しっかり食べると、体の中を牛が走るような、なんともいえない高揚感を感じます。あぁこれが肉食系の人たちの自信や強さの素なのだ!?

ポパイのホウレン草のように、私を元気にしてくれることでしょう。お蔭で残暑も乗りきれそうです。

皆様もどうぞ、ご自愛くださいませ。

六本木ヒルズにて「1秒で好かれる!技術」セミナー開催

2014年6月22日(日)六本木ヒルズで開催「第二印象術|1秒で好かれる!技術」セミナー開催6月22日(日)13:30~ 六本木ヒルズ アーテリジェントスクールにて

第二印象術「1秒で好かれる!技術」セミナーを開催いたします!

 

自分を好きになるスキル。
第二印象術「1秒で好かれる!技術」 ――人を惹きつける自分の魅せ方

あなたは自分の印象を知っていますか?
あなたの品格を高めるには、プロの視点も必要ではないでしょうか。

実績ある指導力とユニークな理論で、企業の印象セミナー&コンサルティングを数多く手がける、国際イメージコンサルタントが、好感度を上げるトータルな印象メソッドを1dayでお伝えします。

年齢や性別、見た目だけでない。トータルな魅力や印象が求められる時代。
第一印象がいい人、自信がない人こそ、夏が来る前に「第二印象」で挽回しましょう。

6月22日(日)第二印象術「1秒で好かれる!技術」セミナーのお申し込みはこちら

「上品なしぐさとふるまいのルールとマナー」が電子書籍化

上品なしぐさとふるまいのルールとマナー

西松眞子が女性向けマナー本として初めて書いた「上品なしぐさとふるまいのルールとマナー」が、この度、電子書籍化されました。

これで「1秒で好かれる技術 -人を惹きつける自分の魅せ方30」、「一目置かれる人の9割がやっている魅せる話し方27」に続いて、著書3冊目の電子書籍化となりました。

電子書籍版「上品なしぐさとふるまいのルールとマナー」のご購入はこちらからどうぞ

日経プラス1にて西松眞子取材記事が掲載されました

日経プラス1 2014年4月12日(土) インデックス「教えてちょーだい!」 にて、オフィスでの美しい立ち居振る舞い」の記事が掲載されました。即実行したい印象・姿勢ポイントを写真つきで解説しています。

婦人公論(4/7号)に掲載されました

「婦人公論」(中央公論新社)にて、取材記事が掲載されました雑誌取材「婦人公論」20140320

<特集>大人こそ身に着けたい「品のある美しさ」

凛としたふるまい10の法則 (所作)

「自分がどう見られているかは意外とわからないもの。

もしかするとあなたの行動は〝がさつ〟に見えているかも!?

印象アップとマナーの専門家が美しくみられる秘訣を教えます」

品格とは…

SNP004シーズン004「婦人公論」4月7日号の取材を受けました。担当編集者の方とは、5年以上ぶりに再会したこともあり、とても懐かしく余談に花が咲きました。

ところで、その取材のメインテーマが「品」でした。「品のあるひと、品のないひと」についての質問からはじまり、「品格が増す所作について」というかなり難易度の高いご質問でした。「しぐさ」を中心に、いくつかお話ししましたが・・・。実のところ、私もそろそろ身に着けたいと思うものの「品格」は、こちらがどんなに求めても、おいそれと手に入るものではない、青い鳥のようなものでそれを掴むには程遠く、まだ道半ばの状態です。

ただ、品格でふと思いだしたことがあります。遥か昔に、素敵な印象の人が「ひとの目に触れても触れなくても、相手のお名前を書くときは、氏やさんをつけなさい」と話してくれました。社会人になりたての私はビジネスマナーさえまともにできませんでしたが、そのことだけは意識して、日記やスケジュール帖はもちろん、家のメモ書きでも「〇〇さん」「〇〇氏」を書くようになりました。いま思えば、このような日常の小さな積み重ねが、そのひとの品をつくるのかも知れません。とてもありがたい教えでした。

春は新しい出逢いが増えますね。手帖に予定を書くとき「ひとの目に触れても触れなくても・・・」小さな心がけを忘れずにいたいと思います。

電子書籍「1秒で好かれる技術」が発売されました!

Amazon.co.jp ichibyo_hyoshiの Kindle ストアにて、電子書籍「1秒で好かれるかれる技術」が発売されました!

本書には、どんな人にでも合わせられる、プロの「惹きつけ方」のノウハウが書かれています。

では、どんな人にでも合わせられるイメージ戦略の極意とは何か?
意外なことに、その答えは「見た目」。

一期一会のビジネスの世界で、チャンスを逃さないの人、好かれる人は、きちんとした「見た目」のツボを心得ています。そんな法則を中心に30の技術を紹介しています。

また、服装(カラー)やマナーに関しても、焦点を相手・目的に合わせることで、無理なく好かれ、受け入れてもらうことができます。(タイプ別カラー戦略や、状況別イメージ戦略)

こういったところをおざなりにしておく人は、いくらよい企画書を出しても、すんなり通らないこともあるのです。

これまでの体験からご存じのこともあると思いますが、瞬間的に人と友好関係を結ぶ必要のある方(接客、営業)は、ぜひチェックして、あなたに見合った「見た目」を表現してください。

新著の詳細は「一秒で好かれる技術 人を惹きつける自分の魅せ方30」詳細ページへ、ご注文は Amazon.co.jp Kindle ストアにてどうぞ。

 

新著「一目置かれる人の9割がやっている魅せる話し方27」が発売されました

一目置かれる人の9割がやっている魅せる話し方27Amazon.co.jp の Kindle ストアにて、初の電子書籍「一目置かれる人の9割がやっている魅せる話し方27」が発売されました!

本書の狙いは、簡単で即効性のある「魅せる話し方」を紹介することで、あなたの好感度を大いに上げることです。

上司やクライアントに一目置かれる人は、何をやっているのか・・・。

印象アップのプロとして提唱する「魅せる」方法は、「言葉」そのものよりも「しぐさ」によるものも多いのです。

しかしその技術はいたってシンプル。ぜひ今日から1つずつ実践してください。

繰り返し行なうことで、知らず知らずのうちにあなたの好感度はテキメンに上がり、一目置かれるようになります。

新著の詳細は「一目置かれる人の9割がやっている魅せる話し方27」ページへ、ご注文は Amazon.co.jp の Kindle ストアにてどうぞ。

忘れない「おもてなし」

FDP053フード053大震災から3年が過ぎました。

東日本大震災犠牲者の方々に謹んで哀悼の意を捧げます。

都内でもあの日はいろんなことがおこっていました。

私は、帰宅難民になっていました。

ちょうどホテルのレストランにいた時に、地震があり、ホテルの従業員も「この建物は耐震構造ですから」と落ち着いた対応でした。

よく接客やサービスの本には、ホテルのホスピタリティーについて書かれています。だから、非常事態にこの場所にいたことは、むしろありがたい、とも思っていました。

スタッフは「マニュアルに沿って指示があれば食料も出します」と、不安げな友人にも、ねぎらいの言葉をかけてくれ、彼女も「さすがね。ホテルにいた時でよかった」と感心しきりでした。

しかし、夜になり閉店時になると、あっさり退席を促され「せめてロビー前にいても?」とお願いしてみましたが「ロビーは宿泊のお客様のみになっております」と返答されました。しょせんはレストランだけの客です。究極のホスピタリティーをうけるのは、安くないことを知りました。

その後、夜も更けていき「ビルの外に出ないといけなくなったら・・・」と不安になっていた時、向こう側ので手招きしている男性がいるのです。

「千疋屋」というその店は、すでに閉店していましたが、就活生や勤め帰りの人、老夫婦など大勢の帰宅困難者を見つけては招き入れていたのです。「椅子もっと使って寝ていいから」という声に恐縮していると、私服の女性が、温かい食事とお水をそっとさりげなく置いていきます。

自分たちも帰宅できない中、客でもない人間に、こんなに温かいもてなしができるなんて・・・。大切なことを学んだ夜でした。

かくして落ち着いた頃。その店にお礼に伺いました。もちろん今度は「客」として。その後も利用させていただき、友人には口コミでおすすめをしています。

私も仕事がら、接客やサービスの「マニュアル」作成のお手伝いをしていましたが、あの日以来「マニュアル」や「クレド」を順守させ携帯することよりも、いざという時は良心にそって「さっと手を差し伸べる。」      そんな「もてなしのこころ」を携帯しておきたいと思いました。

東日本大震災犠牲者へ哀悼の意を捧げ、復興を祈念いたします

東日本大震災より、3年の月日が流れました。

犠牲者の方へ哀悼の意を捧げると共に、被害に見舞われた方々の一日も早い復興をお祈りしています。

これからも微力ながらささやかな支援をしていきたいと思います。